鈴木じゅんじ通信「すずかぜ」
追悼のことば (瀬戸市戦没者追悼慰霊式) 2015.8.15 (土) 鈴木じゅんじ
追悼のことば

 本日ここに平成27年度戦没者追悼慰霊式が執り行われるにあたり、戦没者各位の御霊に謹んで哀悼の誠を捧げます。

 ご英霊の皆様がご家族の平安と祖国の安寧・発展を祈りつつ、志なかばにして戦陣に散り戦火に倒れられてから、早くも70年余の歳月が流れました。

 終戦の日からちょうど70年目の今日。伝えられるその日のように、朝から暑い日となっておりますが、今日の我が国の平和と繁栄が、往時の戦没者の皆様方の尊い犠牲の上にあることに思いを馳せるとき、戦後の荒廃期を経て、幾多の苦難を乗り越えながら、わが国がたどったその後の平和国家としての道のりに感慨新たなものを覚えます。

 戦後わが国は、国民の総力を挙げた懸命の努力により、平和で美しく豊かな国をつくりあげてまいりました。しかしながら他方、世界を見渡せば、国際社会を取り巻く環境変化も著しく、一部の国による、力による現状変更の試みが、今まさに目の前で展開されようとしているのも残念ながら事実でございます。

 その現実を踏まえながらも、ここに私たちは、改めて先の大戦の記憶を絶対に風化させることなく、二度と戦争の災禍を繰り返さない不戦の誓いとともに、戦後歩んできた平和国家としての歩みを確実に堅持しつつ、恒久平和の実現を、近隣諸国をはじめとして広く世界諸国に対し、真摯に訴え続けていかなければなりません。

 戦後70年目を迎える終戦の日の今日、平和への誓いを新たにする日にあたり、わが国の来し方行く末を思いながら、その歴史に謙虚に向き合い、教訓を深く胸に刻みながら、今を生きる世代・明日を生きる世代のために、改めて平和国家しての繁栄の道筋を確かなものにしていくことをここに固く決意いたします。戦没者ご各位も、どうか愛するふるさとの繁栄とご家族皆々様のご発展を幾久しくお見守り下さい。

 結びにあたり、今一度、御霊のとこしえに安らかならんことを祈り、あわせてご遺族の皆様のご健勝ご多幸を心よりご祈念いたしまして、追悼の言葉と致します。
 


| 地元の活動 |
石破幹事長来名 2012.11.9 (金) 鈴木じゅんじ
 このところ、にわかに解散風が吹き始めてきた。

 懸案事項であった特例公債発行法案について、自民党が積極的な成立容認の方針を示す中、野田首相が挙げていた解散3条件の一つが一気にクリアされる気配が濃厚になってきたのだが、近いうち解散の約束を履行せず、穴熊のごとく居座りを決め込むかのような姿勢をみせ始めた民主党政権に対して、国民的非難が高まりつつあることも、その背景の一つになっているのかもしれない。

 そんな中、週末の土曜日、石破幹事長が名古屋入りされた。
開設以来、私が副学長をつとめている自民党愛知政治大学院の11月講座の講師にお願いしていたものが実現したのだが、まさかこのようなタイミングでの名古屋入りになるとは、私自身想像だにしていなかった。
 
 県連を代表して名古屋駅まで出迎えに上がった私は、移動中の車の中で昵懇にお話しをさせていただく機会を得たが、幹事長就任当初の去る10月3日、7区支部主催の時局講演会で豊明市にお出かけいただいて以来の直接対面は、自分にとっても実に貴重な時間であった。

 この日は政治大学院での講義の後、中部経済界との懇談や支援団体代表の皆さん方との意見交換会等がセットされたが、保守政治家としての重厚な政治観と、質疑応答に臨む冷静にして誠実な語り口の石破氏に、自民党再生への期待を抱いた人は多かろうと思う。
 
 かつて20年前に一つのピークを迎えていた日本が、その時点で次代を見据えた改革に取り組んでこなかったことが、今日の日本の混迷につながっているとの指摘は、実に慧眼であろうかと思う。

 もはや他党の批判をしている場合ではない。民主党がダメだったから自民党ではなく、国民の批判を得て大いに反省し、真に変わったと思ってもらえるような謙虚で真摯な政党の姿であらねばならない。・・・。その言葉の一つ一つは重い。

 「勇気と真心をもって真実を語る」・・・・そんな石破氏の政治スタイルに、私はあるべき保守政治家の気品と器量を感じる思いがする。

 大きな政治転換の局面が近づいているが、この国の再生と誠実な政治の復権をかけて、石破茂氏の活躍を期待したい。
 


| 地元の活動 |
時局講演会を終えて 2012.10.4 (木) 鈴木じゅんじ
 9月24日(月)瀬戸市文化センター、10月3日(水)豊明市文化会館と、選挙区内の南北2ヶ所に分けて開催した時局講演会(自由民主党愛知県第7選挙区支部主催・鈴木じゅんじ後援会連合会共催)が終了した。

 9月24日については、総裁選挙日程に重なってしまった関係で、当初段階で講師をお願いしていた安倍晋三先生に代わって、急きょ評論家の金美齢氏のご講演を仰いだのだが、これまた安倍氏に勝るとも劣らない金美齢氏の人気で、当日は1300人を越える多くの皆さんにご来場いただいた。

 明快な口調で、自民党と安倍氏に対する期待と注文を語っていただいた金美齢氏の講演には絶賛の拍手が鳴り止まなかったが、総裁選挙の地方遊説で北海道に向かわれた安倍氏に代わって駆けつけていただいた昭恵夫人の心のこもったご挨拶も、会場全体に静かな感動を呼んだ。

 それにしても、文化センターの4ヵ所すべての駐車場を開放したにもかかわらず、その駐車場もすべて満杯になってしまったため、入場をあきらめてお帰りになられた方も多いと聞く。止むを得ないこととは言え申し訳なく思う次第である。

 次いで10月3日に豊明市で行った講演会(石破茂幹事長)は、さらに猛烈な混雑となってしまった。
 なにしろ豊明市文化会館大ホールのキャパシティが800席(瀬戸市文化センターは1500席)しかない上に駐車場スペースも限られている。会館の駐車場に加えて、近隣の駐車スペースを可能な限り確保し、案内要員も配置したつもりだったのだが、それでも圧倒的に駐車可能台数が不足だったのだろう。開場時間には近隣の道路はすべて大渋滞だったと聞くが、誠に恐縮至極である。

 開場早々にして文化会館の800席は瞬く間に埋まり、館内のホワイエ(ロビー)にも可能な限りお入りいただき、窮屈ながらもモニター画像で講演会の模様をご覧いただいたのだが、ホワイエにも入りきれずにお帰りになった方も100名を越えると思われる。
 事前に準備した資料の出方から見ても、これまた来場者数は1200人を下らなかったものと思われるが、石破先生のご講演を楽しみにお出かけいただきながら入場もできなかった皆様には、本当に申し訳なく思うとともに、この機会に心よりお詫び申し上げたい。

 先の総裁選挙で、党員投票を圧倒的に獲得した石破氏である。私どもの事務所や豊明市選出の県議会議員・坂田けんじ氏の事務所にもひっきりなしの問い合わせが続き、事前に多数のご来場は予想されていたのだが、さすがに石破人気の高さを実感するこの日の熱気であった。

 それにしても、先約だったからとは言え、幹事長ご就任早々の公務誠にご多端な日程の中、それを遣り繰りして駆けつけていただいた石破先生のご配慮には御礼の申し上げようもない。聞けば、幹事長就任後、ここ豊明の地が党本部外では初の講演機会だったそうだが、誠に光栄の至りである。

 こうしてこの時期、金美齢氏・石破茂氏という、まさしく「今」という時代を象徴する二人の講演を聴く機会を、地元の有権者・支援者の皆さまと共に得られたことは、私達の大きな喜びでもある。

 この機会に、2つの時局講演会の開催・運営に携わっていただいた多くの関係者の皆様に改めて厚く御礼申し上げるとともに、せっかくお越しいただきながらも講演をお聞きいただけなかった多くの皆様に、深甚なるお詫びを申し上げたいと思う。
 


| 地元の活動 |
明日は時局講演会(石破茂幹事長) 2012.10.2 (火) 鈴木じゅんじ
 石破茂幹事長をお迎えしての時局講演会(豊明市文化会館大ホール)が、いよいよ明日に迫りました。

 自民党総裁選挙の遊説日程と重なり、当初予定の安倍晋三先生から急きょ金美齢先生の講演に変更となった先の時局講演会(瀬戸市文化センター、9月24日)の例もあったため、このほど幹事長の要職に就かれた石破先生の来場の可否について、多くの皆さんからご心配いただいていたのですが、安倍・石破体制での新執行部発足の誠にご多端な中にもかかわらず、石破先生には予定通りお出かけいただけますので、皆さまどうかご安心下さい。

 私どもの事務所ならびに地元・豊明市の坂田けんじ県議会議員の事務所にも相当数の問い合わせが入っていることから、明日は多くの皆様のご来場が見込まれます。

 先の総裁選挙に際しての党員投票結果もそうでしたが、改めて石破茂氏の人気と、同氏への国民の期待の高さを実感するものです。

  会場は  豊明市文化会館(豊明市西川町広原28−1)
  時間は  10月3日(水)19:00分開会(18:30開場予定)です

 誠にご多忙の中、スケジュールを遣り繰りしてお出かけいただける石破先生に心から感謝申し上げますとともに、明日の時局講演会が実り多きものになりますよう私どもも精一杯努めてまいりますので、皆さまどうかお気をつけてお出かけ下さい。
 


| 地元の活動 |
時局講演会のお知らせ 2012.8.26 (日) 鈴木じゅんじ
 通常国会もいよいよ最終盤を迎え、この先いつ解散総選挙があってもおかしくない状況に至っていますが、このほど元内閣総理大臣安倍晋三先生・元防衛大臣石破茂先生のお二人をお迎えして時局講演会を開催することになりました。

 内政・外交ともにさまざまな課題をかかえるわが国ですが、この難局にあたり、確かな国家観と価値観のもと、わが党の再生のみならず、近年極度に劣化しつつあるこの国の政治を建て直しうる政治家として、私自身大いに尊敬し私淑する双璧のお二方です。

 ぜひこの機会に、日本を代表する保守政治家のご講演を直接お聞きいただき、この国の行方をともにお考えいただく契機としていただけますよう、ここにご案内申し上げます。
 
                     記

平成24年9月24日(月) 午後7時開会 

瀬戸市文化センター文化ホール (瀬戸市西茨町113−3)

講師 元内閣総理大臣 安倍 晋三 先生


 
平成24年10月3日(水)午後7時開会 
豊明市文化会館大ホール(豊明市西川広原28−1)

講師  元防衛大臣 石破 茂 先生
 


| 地元の活動 |
後援会連合会バス旅行 2012.4.7 (土) 鈴木じゅんじ
 各地で桜が満開の見頃を迎えた7日、後援会連合会の主催でバス20台を連ねて京都御所の一般参観に行ってきた。

 各市町の後援会単独でのバス旅行はこれまでも企画したことがあるが、7区管内の6市1町の後援会が同じ日に合同で主催したことはなかったので、今回が後援会連合会として初のまとまった全体行事ということになる。

 全体で20台とは言え、各市町にすれば僅かに3台程度でしかない。本来、各市町単独であれば、それぞれ10台以上になっても不思議はないのだが、後援会連合会としての初の全体行事である以上、昼食会場のキャパシティの面からも、どうしても出せるバスの台数に限りがある。したがって今回は、各市町3台程度に抑えなければならないという極めて難しい制約の中で、各後援会役員の皆様には参加者の募集と呼びかけにあたり、それぞれたいへんなご労苦をおかけしてしまったことをお詫びしたいと思う。

 そんな中にもかかわらず、初めての試みながらも幸いにしてバス20台約800名という大勢の参加者での後援会連合会合同行事ができたことに対し、あらためて関係各位に心から感謝したい。
 
 今回のメインは京都御所の一般参観。京都に行ったことがある方は多くとも、御所に入った経験をお持ちの方は少ない。それゆえ今回の一般参観は、私たちにとっても極めて貴重な機会となった。

 さすがに春の行楽シーズンだけに、京都市内はたいへんな混雑ぶりだったようだが、御所の内部の見学と琵琶湖畔での美味しい鮎料理を堪能した春の一日だった。

 ちなみにこの日、4月7日は私の誕生日である。母の述懐によれば、その日、産院の窓から見える外の景色は桜満開だったそうだ。

 そんなことから、この日の昼食会場でのセレモニーの際に、はからずもご参加いただいた公職者の皆さんから豪華な花束をプレゼントされたのだが、そんな思わぬ出来事も含め、初の後援会連合会主催のバス旅行のこの日は、私にとっても記憶に残る誕生日となった。

 この日の企画を進めていただいた各市町後援会役員の皆さん、ご参加いただいた公職者の皆さん、募集にあたっていただいた地区役員の皆さん、出発地がまちまちながら、後援会連合会の一体感をもったバス旅行の円滑な推進にご尽力いただいた旅行社の皆さん、明るく楽しい車内の雰囲気を盛り上げていただいたガイドさんや運転手さん、そして何よりご参加をいただいたお一人お一人の皆様に心から感謝申し上げたいと思う。

 皆さん、本当にありがとうございました。 


| 地元の活動 |
久しぶりの早朝街頭 2012.3.26 (月) 鈴木じゅんじ
 久しぶりに瀬戸市内での早朝の街頭挨拶に立った。

 というのも、昨日投開票の行われた尾張旭市長選挙の応援で、ここ一ヶ月ほどの間は、わが党推薦候補の早朝駅立ちに連日加わっていたからだ。
 
 残念ながら、今回の市長選挙に際し、尾張旭の自民党支部から推挙され、わが党県連が推薦した佐藤かつみ候補は善戦及ばず当選には届かなかった。しかしながら、出馬の決意からわずか一ヶ月ほどの短期間で、それまで議会経験等もないまったく無名の民間人がここまで戦えたのは、多くのご支援者のおかげであり、関係者の皆さんに私からも御礼申し上げたいと思う。

 さて、久しぶりに自分の活動に戻っての早朝街頭は新鮮でもあった。
交差点を通過していく車の多くが、私を待っていてくれたかのようにさまざまなサインを送りながら通っていく。

 朝日に輝く山の端を眺めながら、私は10年前にこの場所に立ち始めた頃のことを思い出した。
 その頃は、まさかその先10年も経ち続けるとは思ってもみなかった。しかし、街角からいただく一つ一つの感動が、今日まで続いた原動力になったのだろう。

 こうして、今日も元気に街に立てることが感謝である。
 


| 地元の活動 |
前の記事 | 次の記事
 

RSS RSS で最新の書き込みを取得

今日は 2017.10.18(水) です。
arrow left    October 2017    arrow right
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 
1
...既読の日記があります。
2
...未読の日記があります。
3
...日記はありません。


最新の記事
■追悼のことば (瀬戸市戦没者追悼慰霊式)(08/15)
■明日の総選挙公示を前に(12/01)
■皆様にお訴えしたいこと(11/22)
■いよいよ解散総選挙(11/19)
■国会空転(04/17)
■お詫びとご報告(01/31)
■再出発にあたって(12/20)




カテゴリー
■国会(271)
■地元の活動(159)
■その他(177)
© 2007 Junji Suzuki Office. All Rights Reserved.