鈴木じゅんじ通信「すずかぜ」
明日の総選挙公示を前に 2014.12.1 (月) 鈴木じゅんじ
 いよいよ明日から衆議院選挙が始まります。

 去る11月21日の衆議院の解散以来わずかに10日。時間との戦いの中、一心不乱に走って参りました。
 マイクを片手に、交差点で・街角で・スーパー店頭で・あるいは駅頭で、懸命に訴えかけて参りました。時に一人で、あるいは地方議員の仲間たちと、短期間ではありましたが、心を込めて訴え続けてきました。 
 多くの方からご声援をいただきました。多くの方からお励ましをいただきました。
 街頭で、駅頭で、あるいは車の窓越しにいただいた言葉、その一言一言が心に染みます。クラクションでのご声援、手を振ってのお励まし・・・その一つ一つに勇気をいただきながら、今日まで戦ってまいりました。

 いよいよ明日、衆議院選挙が公示となります。
日本を取り戻す。子供たちに確かな未来を、確かな日本を遺すため、明日から12日間の選挙期間中、私は懸命に訴え続けて参ります。

 経済再生、デフレ脱却! 経済の成長と財政の再建・・・その両立を目指すのがアベノミクスの本質です。

 景気回復、この道しかない。・・・長期デフレから脱却し、経済の再生を通じて、人口が減少していっても福祉の維持ができる、そんな社会を創ろうではありませんか。
 
 強くなければ生きてはいけない。しかし、優しくなければ生きていく資格はない。
 力強い経済と、心優しい福祉社会。そんな日本を共に創ろうではありませんか。

 一人一人の手に、一人一人の有権者の手に、日本の未来はかかっています。

 いよいよ明日から、確かな日本を取り戻す戦いが始まります。
 


| 国会 |
皆様にお訴えしたいこと 2014.11.22 (土) 鈴木じゅんじ
 2009年8月の総選挙で私たち自由民主党は大敗を喫し、民主党政権が誕生しました。
 「コンクリートから人へ」「子ども手当て」「高速道路無償化」「高校授業料無償化」等々、誠にきらびやかなマニフェストに彩られた選挙戦に加え、鳩山由紀夫元首相が、普天間飛行場に関し、「最低でも県外」と高らかに謳いあげた中での民主党の歴史的圧勝でした。

 この時は、自民党の総理大臣が一年おきに交代し、あるいは様々な不祥事も続くなど、自民党に相当な逆風が吹き荒れる中での選挙でした。

 当時は、政権交代を事実上期待するかのようなメディアの報道姿勢とも相まって、私たちは誠に厳しい選挙戦を強いられましたが、結果として308議席という稀にみる歴史的大勝を民主党が果たしたのでした。

 もちろん政権交代が起こった背景には、長期政権の続いた自民党に対する反感があり、上記のような事情もあった中で、半分は自分たちの撒いた種でもあったことは明らかなので、政権交代それ自体を非難するつもりはありません。

 ただ、民主党が政権を取って以来、次の総選挙で安倍政権が誕生するまでの3年4か月の民主党政権の迷走の中で、果たして日本がどうなったかをもう一度冷静に思い起こしていただきたいのです。

 2012年の総選挙で自公連立政権の安倍内閣が再び誕生し、2年が経ちました。
しかし、政権復帰を果たした当初は、前政権下の派手なパフォーマンスや一貫性のない政策変更によって、日本の政治行政システムは相当に痛んでいました。

 それを一つずつ立て直し、さらにはいわゆる「アベノミクス3本の矢」によって、ようやくデフレ脱却の兆しをつかんだ日本です。

 もちろん長期にわたるデフレから、わずか2年で完全脱却できるほど現実の経済は容易ではありません。
とりわけ3本目の矢である「民間の投資を喚起する成長戦略」は、これまでの政府や日銀の政策決定だけで実現できることとは違い、民間の皆さんが動いていただいて初めて実現することになるので、その結果が出るまでに時間がかかることは当初から予想されていたことです。

 しかし、安倍政権下のこれまでの2年間の間に、日本はまぎれもなく長期低迷からの脱却の兆し・希望の光を見出しつつあります。それは数々の客観的指標により明らかになっています。

 野党の皆さんは「アベノミクスは失敗だ」と盛んに喧伝しています。

 4月の消費税率アップの反動減や、夏の天候不順、極端な円安の進行等で、ここ当面、目先の景況感が悪いことは事実です。大企業から始まって、中小企業に至るまで徐々に賃上げは徐々に進んでいるものの、物価上昇率2%目標を掲げて政策が遂行される中、物価上昇に賃上げのスピードがまだ追い付いていないというのも正直なところでしょう。加えて、長期にわたるデフレで、これまで物価が上がらないのが普通であった日本で、円安による輸入品の価格上昇も含め、目の前の物価上昇に極端に生活防衛意識が働いて、買い控えが起きるのも無理はありません。

 しかし今、日本の経済は底流ではしっかりと改善の兆しを見せています。基調としては、順調に推移していることはまぎれもない事実で、おそらく来年の春先以降には、景気の回復基調も顕著に表れるようになっていることと思います。

 基調としては改善しているものの、ただ目先の景況感は芳しくない。なればこそ、予定されていた来年10月の消費税再引き上げを敢えて延期して景気の腰折れを防ぐとともに、景気回復の過程で結果的増収を図り、消費税の引き上げを可能にする経済の再生を確実に果たす。・・・そういう総理の政策決断と、アベノミクスの継続の是非を問うのが、今回の総選挙の論点でしょう。

 せっかくわが国がデフレ脱却のチャンスを手にし、現実的に経済の再生途上にある今、そして前政権下で傷んでしまった日本の政治行政システムの再構築をまさに一つ一つ進めている今、一時の感情で、この流れを断ってしまって本当に良いのでしょうか。また再度、前政権下のような時代に戻してしまって本当に良いのでしょうか。

 私は断言します。
かつての政権交代時のような事態が再びこの国に起こったとしら、もはやこの国の明るい将来は無い。日本の再生はあり得ないと。

かつてと同じように、国民の政権への不満を煽りたて、甘い言葉で有権者の耳に心地の良い優しげなスローガンを掲げる政党があります。

 しかし、私たちはあの時の失敗を経験しています。一過性の興奮状態で、誤った選択をしては取り返しのつかないことになる。・・・それが我々の教訓だったはずです。

 子供たちの将来のために、いかなる日本を残していくか。

 確かな政権選択の目が、今まさに問われていると私は思います。
 


| 国会 |
いよいよ解散総選挙 2014.11.19 (水) 鈴木じゅんじ
 いよいよ来る21日に衆議院が解散することとなった。
前回の総選挙で、自民党・公明党の連立政権が政権に復帰してからちょうど2年経過したタイミングの今である。

 メディアや野党からは、「何のための解散か」として解散の大義を疑問視したり、600億超かかる選挙費用を無駄遣いとする声もあがっている。
 選挙費用は確かにかかる。しかしながら衆議院は最長でも任期4年。いずれ解散せざるを得ないのだから、その時点では必ず選挙が行われることになるが、それではその際にも、選挙に金がかかるから取りやめよというのであろうか。

 しかも総選挙とは、最も規模の大きい、その時々の国民の民意を問う、極めて重要な政権選択の機会である。野党にとっては、政権を奪還する唯一絶好の機会なのだから、本来ならば歓迎してしかるべきである。

 選挙の争点・・・それは安倍首相が去る18日の記者会見で述べたように、
 〔閏臈淦権下で、時の野党自民党・公明党と民主党との3党合意で決めた消費税の2段階引き上げのうち、来年10月に予定されていた8→10%への引き上げを1年半延期し、その時点(2017年4月)では、景気弾力条項を付さずに必ず引き上げることを決断したことの是非
  と
◆,海譴泙膿覆瓩討たデフレ脱却・経済再生、いわゆる一連のアベノミクス施策を信任するか否定するか
  であって、国民にその「信を問うている」わけだから、図式は極めて明瞭であろう。

 異論があれば対案を提起すればいいし、アベノミクスに変わる明確な経済政策を提示すればよい。ただそれは、単なる情緒的な批判と扇動ではなく、筋の通った政策と納得できるだけの具体的な経済財政運営の在り方を、明確な形で各政党は提示すべきであろう。

 その結果、もし野党が支持され、国民からアベノミクスが否定されれば安倍政権は退陣するのだから、与党で過半数以上の議席確保がその勝敗ラインなのも明白である。
 
 我が国は長らく続くデフレ状況下にあった。成長著しいアジア諸国はもちろんのこと、好不況の波はあるものの、欧米諸国も一定の成長を続けてきたことに対し、この国だけがほとんど経済成長できていない低成長下にあって、少子高齢化の進行スピードが世界で最も速く、社会保障費が急拡大の一途をたどる状態にある日本である。

 長引くデフレとも相まって、結果的に極めて厳しい財政制約に追い込まれてきたことの一つの具体的打開策として、経済再生・デフレ脱却を目指した3本の矢からなるアベノミクスの一連の方針が提起され、そのもとで安倍政権は2年間、経済財政を運営し、経済の拡大循環を実現してきたのだから、もしこれをやめるべきなら、それに替わる具体的・詳細な経済財政運営方針が、野党から語られてしかるべきであると私は思う。
 


| 国会 |
国会空転 2013.4.17 (水) 鈴木じゅんじ
 国会が朝から空転している。
昨日、平成25年度予算が衆議院本会議で可決されたのをうけ、ようやく今日から各委員会が一斉に動き始めるかと思った矢先のこの混乱である。

 私の所属する経済産業委員会と青少年問題特別委員会も、それぞれ今日の開催が予定されていたので、朝の自民党の部会から急いで衆議院別館の理事会室に向かったところ、委員会に先立って開かれる理事会の場に、共産党を除く野党の理事の顔が見られない。なんでも昨日、0増5減法案の特別委員会への付託を与党が「強行」したからという理由付けらしいが、残念極まりない。なぜなら昨年、当時の野田首相と安倍自民党総裁の党首討論を経て、衆議院が解散された11月16日の当日に、自民・公明・維新の賛成を得て「0増5減法案」を衆議院本会議で可決させたのは、当時の民主党政権だったはずだ。

 思い起こせば、解散すれば苦戦が予想された当時の民主党執行部が、最高裁による「違憲状態」との判決が出されてからも尚、解散の前提条件が整ってしまうのを避けるために、一票の格差是正に向けての緊急かつ最低限の要請でもあった「0増5減」による違憲状態の解消ではなく、その段階で与野党の歩み寄りが極めて困難な「定数の大幅削減」「抜本改革」を敢えて持ち出すことによって解散を先送りしようとしたのが実情であったのだが、結果的にそれにピリオドを打つことになったのが安倍・野田両氏による党首討論であった。
 
  「抜本改革」「定数の大幅減」を主張するのは一見もっともらしく格好がいい。しかし、それによって、最低限の要請であったはずの0増5減による違憲状態の解消にすら取り組まずに無為な時間を過ごしたことが、このところの一連の高裁判決での「違憲」判決につながっているのは事実であり、改善努力を怠ったとして「国会全体の不作為」を司法から改めて非難される主要因を作ったのは、解散を先送りしようとした当時の民主党政権だったことは、この機会に改めて指摘しておかざるを得ない。

 昨年の総選挙を経て、攻守所を替え野党に転じた民主党だが、その途端に今度は昨年に自らも賛成していたはずの「0増5減・区割り法案」先行処理の約束を反故にし、またぞろ「抜本改革」を大義名分として議論の進展を阻み、問題の先送りや抵抗の材料としようとしている。

 抜本改革や定数の大幅削減は、もちろんこの先も引き続き議論していけばよいし、しなければならない。しかし、各党の主張の隔たりが大きく、なかなか成案が得られそうもない「抜本改革」の前に、先ずは喫緊の課題である違憲状態の解消のための最低限の条件たる「0増5減」だけはどうしても済ませておかなければなるまい。

 この夏の参議院選挙を控え、ただでさえ審議時間の限られた中で、貴重な審議機会をこのような無為な抵抗で浪費するのは許されない。
 予算案の衆議院可決をうけて、ようやく各委員会での法案審査の本格化に移ろうとした矢先の民主党による「審議拒否」であるが、一度は与党として責任ある立場を経験した民主党であるだけに、このたびの対応は残念でならない。
 


| 国会 |
お詫びとご報告 2013.1.31 (木) 鈴木じゅんじ
 総選挙から早いもので1ヶ月半の月日が経過しました。

 何しろ年末の解散総選挙で、税制改正も次年度予算の積み上げも、何も済んでいない状態からの新政権の出発だったので、改選後の12月26日の初登院以降、実に慌しい日々が続きました。

 年明けの1月7日(月)から実質的に始まった税制改正と補正予算ならびに次年度本予算の議論をほぼ同時進行で進めるという、前代未聞の状況の中で、朝から晩までの党内議論が続いたのと、加えてこの時期、折りしも新年祝賀行事や各団体の新年会等が重なって、東京と地元の頻繁な往復もあって、机に向かってキーボードを叩く時間もほとんど皆無なほどの慌しい日々を過ごしておりました。

 それゆえ当ブログの更新もままならず、活動報告等ご期待いただいていた皆様には誠に申し訳なく思う次第です。

 さて、改めての報告ですが、このたびの改選後の人事において、党の方でいくつかの役職を拝命しておりますので、その主なものを以下紹介させていただきます。

  自由民主党政務調査会副会長
  自由民主党団体総局次長
  自由民主党教育再生実行本部副本部長
  自由民主党雇用問題調査会事務局長

 また、衆議院の方では、下記の委員会の所属となりました。

  経済産業委員会 理事
  青少年問題特別委員会 理事

 尚、当ブログの更新はなかなか進んでおりませんでしたが、この間もフェイスブックだけは折々の話題をアップし続けておりますので、あわせてご覧いただけますとうれしいです。
 


| 国会 |
離党ラッシュを目の前にして 2012.11.15 (木) 鈴木じゅんじ
 解散総選挙の日程が定まって以来、早くもさまざまな動きが出てきている。
民主党からは離党者が相次ぎ、あたかも沈没船からバラバラと逃げ出すかのように、これからも離党の動きが加速するのだろう。

 それにしてもかの政権交代選挙時には、あたかも「民主党にあらずんば人にあらず」のごとき勢いで、誇らしげに掲げられていたあの民主党のシンボルマークや旗・民主党の表記が、党所属国会議員の個人演説会のポスターや街頭宣伝車からあっという間に消えつつある。

 本来、政党であれば当然にしてそれが結党の基本理念であるべき党の綱領すら無く、考え方も右から左までかけ離れた方々の集団であった民主党だが、結局のところ所属議員の多くにとっては、「勝てるから民主党」「選挙互助会としてだけの民主党」だったのだろう。

 毎度の事ながら、選挙の前になると議員や候補者の離合集散の動きが慌しくなるが、それにしても情けないまでの離党騒ぎである。

 彼等にもそれぞれ言い分があろうし、さまざまな理由はあろう。しかし、いくら格好の良い言葉・もっともらしい理由を並べたてたとしても、結局のところは自己保身ですらなく、それならば日頃から彼等が述べていたはずの主張とはいったい何だったのかということになる。

 日が経つにつれて、これからもさまざまなドラマが展開され、種々の人間模様が垣間見られるのだろうが、有権者の皆さんにはこうした動きをぜひ注視していてほしい。
 誰が本当に心の底から真実を語り、誠意をもって政治に取り組もうとしているのか。
 誰が上辺だけの綺麗ごとだけ言って、実際には自己保身ですらないのかを・・・。

 凄まじいまでのポピュリズム旋風の吹き荒れた先の総選挙で一敗地にまみれた私たちであるが、それでも尚、「損か得か」・「有利か不利か」ではなく、勇気をもって真実を語り、この国や私達の社会のかかえる課題を有権者と共に考え、安易なポピュリズムに走ることなく、日々呻吟しながらも、あくまで現実を踏まえた理想を求めていく・・・・。
有権者と共に成長し、ともに後世の世代に恥じない日本を引き渡していくための不断の努力を重ねていく・・・そんな政治人を私は目指したいと思う。
 


| 国会 |
解散総選挙決まる 2012.11.14 (水) 鈴木じゅんじ
 今日行われた党首討論の結果、いよいよ解散総選挙の日程が決まった。

 明後日の16日の衆議院解散をうけて、先ほど12月4日公示・12月16日の投開票が民主党の役員会で決定されたということだが、早期の解散総選挙を求めていた我々ですら意外な感を抱くタイミングでの野田首相の表明でもあった。

 予定されていた地域の会合を終えた後も、夜遅くまで打ち合わせに追われていたので、今夕来の各局の報道内容をつぶさに見ていないが、おそらくや各局とも今日の党首討論の模様や解散日程の決定に至る背景、あるいは今後の政局や選挙の見通し等を繰り返し報じているのだろう。

 いずれにせよ、ようやく解散の具体的日程が決まった。
 
 「決められない政治」と言われ続けた国会だが、(実際には、解散を先送りしたい民主党が、さまざまな理由をつけて物事を前に進めようとしない「決めさせない政治」だったというのが実情だろうが・・・)、民主党内の「野田降ろし」の動きの機先を制する形での党首討論の場での野田首相の踏み込んだ発言により、これでようやく解散総選挙の日時が固まったことになる。

 さて、今度の総選挙とはいったい何を問う選挙なのだろうか。

 総選挙とは、次の政権の選択であるのはもちろんだ。しかし同時にそれは、かのマニフェスト選挙以降のこれまでの民主党政権3年3ヶ月そのものの是非を問うものであるはずだ。

 はたして民主党政治とはいったい何だったのだろうか。民主党政権は是だったのか、それとも非なのか。

 史上稀に見るまでのポピュリズム政権とも言われる民主党政権はもとより、それに続く新たな政治勢力がさらなるポピュリズムを煽りたてるかのごとき今日の政治状況であるが、それだからこそこの機会に、本物の政治とは何か、政治の責任とは何か、後世に責任を果たせる政治とは何かを改めて問い直したい。

 いよいよ総選挙である。
そしてこの選挙は、もはや自民が勝つか民主が勝つか、それとも第三極が勝つのかという興味本位のレベルの選挙ではない。

 まさに日本が大きな曲がり角を迎えている中、今後の日本の盛衰すらかかった重要な選挙となる。世界の中で、日本そのものが勝ち残れるか否かがかかったような、極めて重大な選択の時でもある。

 師走を迎える中での短期間の決戦となろうが、子どもや孫の世代に誇りを持って引き継げる日本であるように、もう一度凛とした日本の再生を目指して、愚直に誠実に、自らの信じるところを心を込めて訴えていきたいと思う。
 


| 国会 |
前の記事 | 次の記事
 

RSS RSS で最新の書き込みを取得

今日は 2017.7.26(水) です。
arrow left    July 2017    arrow right
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 
1
...既読の日記があります。
2
...未読の日記があります。
3
...日記はありません。


最新の記事
■追悼のことば (瀬戸市戦没者追悼慰霊式)(08/15)
■明日の総選挙公示を前に(12/01)
■皆様にお訴えしたいこと(11/22)
■いよいよ解散総選挙(11/19)
■国会空転(04/17)
■お詫びとご報告(01/31)
■再出発にあたって(12/20)




カテゴリー
■国会(271)
■地元の活動(159)
■その他(177)
© 2007 Junji Suzuki Office. All Rights Reserved.